ライブチャットを出会いの場だと思っている男性客

ラインIDやスマホアドレスを聞いてくる男性のパターンとは

チャットレディをやっていると、一見さんでも、リピーターさんでも、連絡先を教えてほしいなどといってくるときがあります。

携帯のメールアドレス教えてください、ラインやってませんか、などです。

この記事では、ライブチャットサイトによくいる出会い目的でやっている男性ユーザーの特徴ややってはいけないことなどを紹介しているので、ぜひあなたもこれからチャットレディとしてやっていくなら心得ておきましょう!

出会い系サイトと思ってライブチャットを使っている

チャットレディのサイトには、ほとんどのお客さんが女性との会話や、エッチなことを女性にしてもらいたいという男性客がほとんどですが、出会い目的の男性もいるのです。

男女のマッチングサイトでもないのに、出会えると思っている男性ユーザーが必ずいます。

チャットレディのサイトを出会い系サイトだと完全に思い違いをして参加している男性客が意外なほど多いです。

以上のようなことから、テレビ電話がはじまってすぐとか、チャットサイト経由のメールに、直アド教えてくださいとか、ラインのID交換しましょうとか、出会いの誘いをしてきます。

ですが男性ユーザーがすべて悪いというわけではなく、チャットサイトを紹介しているウェブサイトの紹介の仕方も悪いといわれています。

そのウェブメディアというのは、紹介料をもらっているので、なるべく男性に登録させようとして、あることないこといって、出会いの場であるなどと宣伝して、登録してもらおうとするんです。

そういうウェブサイトを訪れた男性ユーザーは、当然のことながらそのサイトを使えば女性と出会えると勘違いしてしまって、出会い目的でチャットレディに直アドやラインを聞いてしまう客になってしまうのです。

こういった広告目的のウェブサイトが跳梁跋扈しているからこそ、男性ユーザーが、チャットレディにチャットにログインするなりテレビ電話をかけるなり、いの一番にエッチ出来ませんか?などと聞いてしまうのです。

チャットレディサイトに流入してくる出会い目的の男性客が増えてしまう原因にはいろいろなものがあると思いますが、ほとんどがこういったウェブサイト経由が原因になっているといえるでしょう。

連絡先を聞いてくる男性

ここからは、私のエピソードを紹介していきたいと思います。

ライブチャットでチャトレとして稼働したことがある人は、何度も経験したことがあると思いますが、ぜひ参考にしてみてください。

いきなり「彼女になってください!」といってくる

チャットがはじまるなり、すぐに彼女募集中です!なんていってくる人はかなり多いです。

こういったことを聞いてくる男性ユーザーというのは、チャットレディ側の女性も彼氏を募集していると思っている節があって、どんな彼氏が希望ですか?なんてことも聞いてきたりします。

ライブチャットサイトのメールやチャットが始まって早々にこういうことを聞いてくる出会い目的の男性に遭遇したら、拒絶するのではなくて、適当に会話しながら、チャット時間を稼ぐのもありですね♪

ライン交換しませんか?と聞いてくるユーザー

チャットレディと出会えると本気で勘違いしている男性ユーザーが、一番送りがちなメールやチャットというのは、ライン交換してください、というものです。

ライブチャットサイトには、唐突にチャットレディに、ラインIDを添付したメールを送りつけてくる男性もいます。

ライン交換や直接アドレスなどを交換したがる男性というのは、あまりポイントを消費したがらないケチな男性が多いので、音声通話やテレビ電話をかけてまで連絡先を聞いてくるということはありません。

まずメールでいきなり連絡先を聞いて、脈なしだと思ったらそこからまったく音信不通になったりということが往々にしてあります。

そういう男性は最初からチャットなんてする気がないので、あまり相手にしてもしょうがないので、次の男性がチャットしてくれるのを待っていた方がお得ですね♪

チャットレディをやっている女性とどうしても出会おうとするライブチャットのユーザーというのはあとをたちません。

私の場合はすぐに断っていますが、卓越したチャットレディの女性であれば、そこからうまく趣味の話などにもちこんで、思わせぶりな態度をつかいながら、メールで稼いでいる人もいます。

女性はあそこが好きだと思っている男性

自分のチンコが大きいと思っていて、それを女性に見せれば、惚れてくれると思っている男性は意外と多いのです。

いきなり勃起したペニス画像を添付して送りつけて、このマラであなたをいかせます!なんて文言を添えてきたりしますが、正直男性の股間なんて一切興味ないですよね…。

男性器をみせつけることにより、女性からの支持がえら得ると、連絡先を交換してくれてデートしてくれてセックスしてくれるかもしれないと本気で思っている男性が世の中にいるのも笑える話ですw。

チャットレディは男性器を見せつけられたときでも、堂々と褒めちぎって、チャット時間を延ばしたり、メールの回数を伸ばしたりするのが、お仕事ですね。

会えるのが前提になっている男性客

チャットレディをしていて、何回かチャットをしていると、会えるかのような質問をしてくる男性がいます。たとえば、セックスの時は攻める方がすき?とかです。

こういった男性のテクニックを逆手にとって、うまく転がしていくのが本当のチャットレディだと思いますが、こういう裏工作みたいなのが嫌いな女性ももちろんいるでしょう。

こういった会いたがる下心満載の男性をうまく虜にして、チャットやメールをしてもらえれば、チャットレディとして何枚も上手になれますが、心理的にこういうことが苦手な人は、やる必要もなく、まっとうにチャットしてくれる男性だけを相手にしているのもいいと思います。とにかくコツコツ長続きする方法を採用しましょう!

ホテルで会いたがるお客さん

アダルトチャットというのは、本来は2ショットで見せてあげるものですが、中にはずるがしこい男性もいて、自分だけにセルフ動画を撮影して送ってくれなどとメールを送ってくる男性もいるのです。

たとえば、そういう要求をしてくる男性に、自撮りのアダルト動画を送ったとしても、満足して、テレビ電話を次からやってくれるかと思いきや、もっと要求してくるようになるので、最初から相手にしない方がいいと思います。

アダルトな行為をチャットレディはしているのですから、当然それなりの報酬がもらえなければ意味がありませんよね。

セックスが前提になっている男性客

チャットサイトで、出会いを目的に使っている男性というのは、チャットをするとお金がかかることをしっているので、メールでなるべくことを済まそうとします。

なぜマッチングサイトでもないライブチャットで出会おうとしているのかそもそもがわかりませんが、チャットレディを出会い系サイトだと勘違いしているので、話がかみ合いません。

有名どころのマッチングアプリなどはいくらでもあるのに、そっちへいけばいいのに、という論理は通用しません。なぜなら、チャットレディのサイトが出会いを提供しているものだと完全に勘違いしているからです。

チャットレディがやってはいけないこと

以下からは、チャットレディがライブチャットで、男性とやりとりを重ねる上で、メールやテレビ電話や音声通話でやってはいけないことを紹介していきたいと思います。

気軽な気持ちでやってしまうと、危険な目にあうこともあるので、初心者でもベテランでもやめておきましょう。

男性客と会うこと

たまに、チャットレディが男性客とチャット世界ではなくリアル世界であったことがあるなどというブログを目にしますが、正直会わない方がいいと思います。

チャットの世界では物理的に触れることはできないので、安全にお仕事出来ますが、実際の世界で男性客と会ってしまったら、何をされるかわかりませんよね。ましてやどういう素性の持ち主なのかもわかりませんし。

チャットレディとお客さんという立場でいろいろな会話をしていくうちに仲良くなって打ち解け合うのはわからないでもありませんが、実際に会うのとそれとは違うと思います。

直アドは教えないように

直接アドレス交換やラインの交換などはしないようにしましょう。メリットは何一つありませんし、直接やりとりをしてもチャットレディとしての報酬になりません。

中にはしつこく直アドやライン交換をせがんでくる男性もいるかと思いますが、そういうときは、規約違反だということを伝えておきましょう。

むやみに引き延ばさない

ラインIDの交換やアドレス交換などの直接の連絡先の交換はもちろんやめておいたほうがいいですが、こうやって、あたかも会えるかのように見せるのもよろしくないと思います。

こういう思わせぶりな態度で、チャット報酬を稼ぐテクニックを使っている女性は多いですが、こういう狡猾なのは精神的にもよくないでしょう。

最近の話では、コロナで自粛ムードが漂っているので、今は会えないけど、そのうち会おうねと引き延ばしているテクニックを使っているチャットレディがいました。

ですが、こういった男性心理をつかったテクニックというのは、もとから会う気なんて毛頭ない訳なので、人間として心理的にどうかと思います。

男性も女性に恋しているのかもしれませんので、会えないなら会えないとはっきりいいましょう。金稼ぎのためだけに男性心理をもてあそぶのはいけないと思います。

直接アドレスを聞いてくる男性ユーザーの対処法

アドレスやラインを聞いてくる客に対して、どういった返答をするのが一番いい対処法なのでしょうか。

私がチャットレディを今までやってくる中で、連絡先をくれくれしてくる男性客に対しての回避方法を日々開発してきましたので、ご紹介したいと思います。

スタッフから注意喚起されているといういいわけ

チャットレディはそもそも出会いの存在ではないのに、そんな女性に対して連絡先を聞いてくる男性には適当ないいわけをつけて断っておくのがベストです。

男性はポイントを使いたくないケチな人が多いので、アタックしたメールで一度撃沈すると次からは送ってこなくなるパターンが多いので、まずは断っておくことが大切です。

チャットサイトの規約に書いてあるからと言う

どこのライブチャットも男性客との連絡先の交換や、直接的なやりとりは規約違反なので、これを言い訳にすれば連絡先をしつこく聞いてくる男性にも断りやすいと思います。

自分が直接ことわっているテイを出さない

以上のテクニックというのは、誰かに言われて断っているかのようなテイを出すことができます。

女性自身から自分から教えたくない!と言っているわけではなく、チャットサイトのせいにしたり、代理店などの第三者機関のせいにすることにより、すんなり断りやすいです。

アドレスやラインは教えないようにしましょう!

チャットレディに直接の連絡先を聞いてくる男性はライブチャットサイトにはたくさんいますが、決して教えてはいけません。

チャットレディをやっている女性も、はじめてテレビ電話なりメールなりチャットなりをしてくる男性には教えないかもしれませんが、なんどもリピートしてくれているリピーターには教えてしまう可能性もありますよね。

ですが、ライブチャット外で男性客といくらメールや電話をして交流を持ったとしても、一線ももらえることはないので、時間がもったいないと思います。

チャットレディをやっている人のブログなどを見てみると、リアルに男性客と会ったことがある記事をかいていることがありますが、すべての男性ユーザーが善良な市民とはわかりません。よこしまな思いを持っている男性だっていることでしょう。

ライブチャットをやっている男性というのは、アダルト傾向が強い人が多いわけですから、チャットレディにどんな意図をもっているかわかりません。

直接やりとりをして、実際にあったとして、その場で楽しめるだけであればいいのですが、自宅までつけられたりしたらストーカー被害に遭ってしまう可能性もあります。

チャットレディのお仕事というのはそもそも、そういう危険性がないという特徴が最大のメリットなのにもかかわらず、自分から自分の情報を公開してしまうことになるのです。

そういった気安い行動をとってしまうチャットレディの女性がいることにより、そういった行為をしないように守っている他のチャットレディの人にも迷惑がおよんでしまいます。

なぜほかのチャットレディに迷惑が及ぶのかと言えば、一人が連絡先などを交換したり、実際にあったりしてしまうと、それが普通だと思ってしまうお客さんが増えてしまうからです。

会ったり、連絡先を教えてくれるのが当然だと思い込んだお客さんが増えることにより、チャットレディ全体として仕事がやりにくくなるということでs。

これからチャットレディをやる人も、もうすでにやっているひとも、これだけ安心して楽に稼げる環境もそうそうないので、流れに乗って大きく稼いじゃいましょう♪

しつこいお客さんはブロックする!

一度断ったのにもかかわらず、なんども連絡先を聞いてくる男性ユーザーというのは、もうブロックしてしまってもいいと思います。

チャットサイトにおいて、ポイントを消費してお金を払ってくれる男性ならまだしも、なにもしていないのにただで連絡先を教えろなんていってくるお客は時間の無駄なのでさっさとブロックしてしまいましょう。

チャトレの女性が直接のアドレスなどを教えてしまうと、チャットサイトからはその男性はメールを送ってきません。なぜならお金がかかってしまうからです。当然、無料であなたと連絡がとれる直接のアドレスの方にメールを送ってくることでしょう。

チャットレディの女性の連絡先を手に入れた男性は、ただで連絡がとれるので、もうけもんですが、チャットレディ側には直接男性とやりとりを何十回と重ねたとしても一銭も稼げませんので時間の無駄になってしまいます。

ライブチャットを経由しないで、いくら男性客とやりとりを重ねたとしても、誰かが報酬を支払ってくれるわけではないので、時間の無駄になってしまいます。

チャットレディである女性が、男性と直接的なやりとりができるスマホアドレスやラインを交換してやりとりをするということは、その時間分の時給をみずから捨てているのと変わらない行為です。

ライブチャットにいる男性ユーザーというのはたくさんいるので、一人や二人ブロックしたところで、稼げなくなるわけではありません。いくらでも自分の波長を好きになって、テレビ電話なり音声通話なりメールなりをしてくれる男性客には巡り会えます。

そもそもチャットレディサイトというのは出会いのサイトではありません。そういう勘違いをしてアドレスなどを聞いてくる不躾な男性客はさっさとブロックして、お金をたくさん落としてくれる大切な男性ユーザーを相手にするべきです!